つよろぐ

ゲームとMacと輸入菓子。

そのほか日頃の出来事など

    

花粉症の原因物質を特定だそうです

つらいですね~花粉症!
本当ならお花見したり散歩したりと暖かくなった季節を思う存分味わいたい季節なんですがこの花粉野郎のせいで外へ出ることもままなりません。
どれほどつらいかは発症してない人にとってはこのつらさはわからないですよね(涙)
自分はいつも人に花粉症のつらさを話すときの例えとして「くしゃみが出そうで出なかった時の感じがひたすら続く」と言っています。
まあ実際くしゃみもいっぱい出ますし、出たところでまったくすっきりしませんので結局うまく伝えられないのですが。
ずっと「こより」で鼻の穴をこちょこちょされている状態って言った方がわかりやすいかもしれませんね。
うあぁ…思い出すだけでもまたムズムズしてきます(>_<)

それはそうと、昨日のニュースに「花粉症の原因物質突き止める 新たな治療法に道(← リンク:日本経済新聞より)」という記事を見つけました。
自分は花粉症関連のニュースは特に注視していますが、これまでの所根本的な治療につながる決定的なものがないのが現状です。
しかし今回はなんだか今までと違って期待が持てそうです!

なんでも鼻などの粘膜に花粉が付着すると「インターロイキン33」という炎症を引き起こすたんぱく質が放出されて、その刺激でくしゃみや鼻水、鼻づまりを直接引き起こす物質が作り出される ── という事なのだそうです。
今までは炎症を起こすとされる「ヒスタミン」が過剰に分泌されている事が花粉症の症状の原因っていうのが通説で、現在一般に販売されている花粉症の薬もこのヒスタミンの抑制が主な薬効だったりしていました。
つまりこのインターロイキン33というものが放出されなければ炎症も起きないわけですね。
おおー!
でも…最後まで読むと「完全には治らないため、似た役割をする物質が他にも1~2種類あるとみている。」との事です(^_^;)
手強いですね~花粉症。
でもその一つがわかっただけでも大きな進歩です!
残る原因物質も特定される事を願うばかりです。

いつか晴れた春の空の下をのびのびと歩ける日が来るといいなぁ…。


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 花粉症 原因

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tsuyokichi7

Tsuyokichi7
はじめたばかりです。


よかったらこちら↑の
クリックもお願いします。
おすすめ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Mac用アイテム


サンワサプライ液晶保護光沢フィルム(Apple MacBook Pro Retina Displayモデル用)(LCD-MBR15KF)




上海問屋DN-13085 Mac Air/Pro 13インチ対応 マグネット式 プライバシーフィルター【P1】




エレコムMac向けHDMIケーブル/2.0m/ホワイト(CAC-APHD14E20WH)【P1】
広告
 
PR
検索フォーム
最新記事
おいしいお菓子
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR