つよろぐ

ゲームとMacと輸入菓子。

そのほか日頃の出来事など

    

Firefox11の3Dを試してみました!

Firefoxはバージョン4からWebGL(ウェブブラウザで3次元グラフィックスを表示させるための標準仕様)による3D表示に対応しているんだそうですね。
この3D表示を気軽に体感できる機能が、Firefox11で新たに導入された機能「ページインスペクタの3Dビュー」です。
対象ページの構造を立体的な階層で表示する機能なのですが、これがなかなか斬新で面白い!
普段は見えない隠れたものが見えてきます。
開発向けのツールではありますが、この視覚的なインパクトは開発目的でなくとも十分に興味を引かれます。

そんなわけで試しに自分のブログを3D表示してみました。
※注意:ページインスペクタの3Dビューはハード及びOSがWebGLに対応している必要があります。
 

Firefox11_3D_01

やり方は「ツール」メニューから「Web 開発 → 調査(または option + command + I )」を選択。
そしてブラウザ右下にある3つのボタンのうちの「3D」をクリック。

マウスの左ボタンをドラッグするとページを色々な方向に向ける事ができます。
右ボタンのドラッグで全体の位置を移動(右ボタンがない場合はcontrolキーを押しながらドラッグ)。
スクロールホイールで拡大縮小(command + + or - でも拡大縮小はできますが、自分の場合はなぜかうまく表示されませんでした)。

Firefox11_3D_02


そんなわけでぐるぐると色々な方以降から見回してみましたが結構面白いです(笑)!
こうしてみるとウラでは色んなモノが機能しているんだな~と実感します。
また結構ムダな部分があったりするという事も発見できます。
余計な部分を削ってページ全体を軽くしたいという場合にはもってこいの機能かもしれませんね。

もっと他のページを見て勉強してみようと思います。

ちなみにTenFourFox11.0にも「Web開発 → 調査」はあるのですが、右下の3Dボタンがありません。
自分のPowerMacG4がWebGLに対応していないのが原因なのか…そもそもTenFourFox側でこの機能をあえてOFFにしてあるのか…。
もしかするとOS10.5でグラフィックカードがWebGL対応のカードであれば機能するのかもしれません。
今の自分の環境では調べることができません。


テーマ : ブラウザ
ジャンル : コンピュータ

tag : Firefox11 3D WebGL

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【つよろぐ】

Firefoxはバージョン4からWebGL(ウェブブラウザで3次元グラフィックスを表示させるための標準仕様)による3D表示に対応しているんだそうですね。この3D表示を気軽に体感できる機能が、Firefox11で新たに導入された機能「ページインスペクタの3Dビュー」です。対象ページの?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tsuyokichi7

Tsuyokichi7
はじめたばかりです。


よかったらこちら↑の
クリックもお願いします。
おすすめ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Mac用アイテム


サンワサプライ液晶保護光沢フィルム(Apple MacBook Pro Retina Displayモデル用)(LCD-MBR15KF)




上海問屋DN-13085 Mac Air/Pro 13インチ対応 マグネット式 プライバシーフィルター【P1】




エレコムMac向けHDMIケーブル/2.0m/ホワイト(CAC-APHD14E20WH)【P1】
広告
 
PR
検索フォーム
最新記事
おいしいお菓子
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR