つよろぐ

ゲームとMacと輸入菓子。

そのほか日頃の出来事など

    

FF13-2 北米での初月売り上げ35万本に留まる

これはかなり厳しい数字ですね。
PS3 XBOX360合わせてこの数字ですから…
以前にも何度かスクエニ及びファイナルファンタジー(以下FF)のブランド低下について憂う記事(というより批判)を書いてきましたが、やはり前作であるFF13の出来が相当悪かった事が原因だった模様です。
さらに続けて発売されたオンラインゲームの“FF14”が作りかけの未完成状態で発売されるという大失態を演じ、世界中でスクエニの製品に対して懐疑的になった事も大きな原因でしょう。

これ程世界からNoを突きつけられているのだからもういいかげん目を覚ましてはいかがでしょう?と言いたい。

懐古主義と言われても仕方ないですが、本来FFっていうRPGって広大なワールドマップがあって、小さい町から始まって、レベルを上げてお金を貯めて強い武器を買って先へ進んで…ていうのが基本のゲームでした。
ガラッと作風が変わったFF7でもその基本はちゃんと守られていました(個人的には歴代FF中最高の作品)。
「次の町ではどんな武器が売ってるんだろう?」とか「隠されたアイテムを探すのが楽しみ」とか…。
すっごく強くなってから久々にスタート時の町に戻ってみて最初の苦労を思い出してみたり、はたまた思わぬイベントが始まっていたり…。
それだけでも十分楽しめるものでした。
誰かが言ってましたけど「FF3の序盤で冒険していた様々な町や城、洞窟や山などがあった大陸は実は小さな浮遊大陸に過ぎず、外にはさらに広大な世界がある事を知った時この先どれ程の冒険が待っているんだろうという想像も出来ない世界の広さに感動しました。」という話が印象に残ります。
自分もあれには感動しました。
FF3ってファミコンなんですよね。
そういうのがいつの頃からかFFにはなくなってしまいました。
ブリザド・ファイア・チョコボ・バハムート… 今のFFって名前さえ流用すればそれでファイナルファンタジーだと勘違いしている感じ。
「面白くしてやろう!」という姿勢、それと作り手のブランドに対するプライドや愛が感じられないんですよね。
むしろ「どうだい?このグラフィック!すごいでしょ!」という自己満足の声が聞こえて来るような感じです。
それと無理して過去作で評判の良かったシステムを排除している感じ。

今のFFには(FF限らずスクエニには)大きな意識改革が必要だと思います。
毎回評判や売り上げが落ちているのは今のやり方では問題があるという結果に他なりません。
とにかくつまらない。ワクワクしない。

過去の栄光に泥を塗り続けるのはもういいかげんやめにして欲しいな…。
もしくはこれ以上ひどくならないうちにシリーズを終えてもらってもいいです。
よく「FF7をリメイクして欲しい」という話を聞きますが、自分は正直今のこの会社にFF7のリメイクをさせると誰も望んでいない出来になりそうでイヤですね。

ホントにこの会社には毎度残念な思いをさせられます。


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : スクエニ ファイナルファンタジー13-2

プロフィール

Tsuyokichi7

Tsuyokichi7
はじめたばかりです。


よかったらこちら↑の
クリックもお願いします。
おすすめ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Mac用アイテム


サンワサプライ液晶保護光沢フィルム(Apple MacBook Pro Retina Displayモデル用)(LCD-MBR15KF)




上海問屋DN-13085 Mac Air/Pro 13インチ対応 マグネット式 プライバシーフィルター【P1】




エレコムMac向けHDMIケーブル/2.0m/ホワイト(CAC-APHD14E20WH)【P1】
広告
 
PR
検索フォーム
最新記事
おいしいお菓子
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR