つよろぐ

ゲームとMacと輸入菓子。

そのほか日頃の出来事など

    

海外版ゼノブレイド「ゼノブレイドクロニクル」が大絶賛!

どこかの記事で、海外版のゼノブレイド「ゼノブレイドクロニクル」が、各ゲーム誌やレビューサイトなどで大絶賛という話題を聞きました。
日本では大変評価が高かったゼノブレイド。
高度なグラフィックのゲームが多い海外での評価はいかに? と思われていましたが、蓋を開けてみれば大絶賛だったようです。
いや~、何て言うか単純に嬉しいですね。
日本製のRPGとして海外に認めてもらえたって事が!
一昔前までは当たり前だったんですけど、めまぐるしい成長と発展を遂げた海外のゲーム開発環境、そしてこんにちのファイナルファンタジーのブランド崩壊などもあり日本製のRPGは著しく評価が下がってしまいました。
そんな逆風の中で高評価を得られたというのは凄いと思うし嬉しいですねぇ。
前に自分のブログでも書きましたが、今後の日本製RPGを背負って立つシリーズになって欲しいと思います!
今作が素晴らしすぎてちょっとハードルが高くなってしまいましたが次回作も期待しています!

ゼノブレイドはゲーム自体のバランスが大変良く、圧倒的に広大なフィールドや町、行き交う人々。いつでも好きなときに過去に訪れた場所に戻れたりと気が利くシステム、わかりやすく奥が深い戦闘。場所に合い綺麗で盛り上がる音楽。そしてどんどん引き込まれて先が気になってしょうがないストーリー(笑)と、とにかく非の打ち所がない近年希に見るJRPGの傑作でした。

日本のRPGといえば、かつて最高峰のRPG制作メーカーであったスクウェア・エニックスを思い起こしますが、ご存じの通り今や過去の栄光を切り売りし、誤ったブランドイメージを打ち立ててしまった事により旧来のファンから見限られ評価がどんどん下落しています。
自分はファイナルファンタジーシ(以下FF)リーズは7まではとても好きでした。
しかしその後のシリーズから旧来シリーズのファンを振り落とすような迷走(ファンからすれば望んでいないイメージチェンジ)が始まり、10でゲーム性よりお話重視のゲームになってしいました(嫌いじゃありませんでしたが)。
そうこう言いながらもFF12までは買ってプレイしていましたが「何か違うな~」という気がして、13でとうとう買わなくなりました。
FF13は「ファイナルファンタジー」というブランドイメージで買った人も多かったようですが、その後の感想はがっかりしたという意見がかなり目立ちました。
発売1週間後くらいに訪れた販売店などで、すでにワゴンや中古ソフトの棚に大量に並ぶFF13がその感想を裏付ける光景として覚えています。

(日本の)ゼノブレイドって、ちょうどそのFF13の「思ったより面白くなかった」という評判が強くなり始めた頃に発売されたような気がします。
(運良く?)その反動もあって「これこそ求めていたRPGの形!」という大絶賛されたという部分もあります。
とはいえ自分のようにFF13をプレイしていなくても素直に「すっごく面白い!」って思える作品でした。
夜遅くまでプレイして眠い目で会社に行っていた事を覚えています。
こんな面白いRPGをプレイしたのは何年ぶりでしょう。
これからもこんなRPGが楽しめたらと期待してしまいます!

とにかく海外でも通用するという事が自分としては何よりも嬉しい!
この方向で他のメーカーもRPGを作って欲しいなぁ。
(欲を言えばPS3のグラフィックでゼノブレイドやってみたいなー)
なんか久しぶりにまたゼノブレイドをプレイしてみたくなりました♪
もう何回クリアしたかわかりません(笑)

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
Nintendo Wii

任天堂
売り上げランキング : 1744

Amazonで詳しく見る


Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
Nintendo Wii

任天堂
売り上げランキング : 215

Amazonで詳しく見る



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : Wii ゼノブレイドクロニクル

トンデモさいえんす ひさびさの新着!

前回の記事“Wiiの間”が4月30日をもってサービス終了にて、楽しみにしていたコンテンツ“トンデモさいえんす”がなかなか更新されず残念という記事をかきましたが、昨日たまたま見てみたら久々に新着が届いていました!
4月30日のサービス終了にともなって早めの幕引きと思って残念がっていましたが嬉しいです!

“トンデモさいえんす”は日常の気になる疑問やなんかを本格的な実験をして実証、解決する面白い企画です。
イイ年した自分でも「へえ~!そうなんだ!!」と驚く結果があったりととても感激させられます。

今回は「くるくるパーマのなぞ」だそうです。
髪の毛のストレートな人とくせっ毛な人の違い。その他パーマのしくみやかける方法について色々と実験しています。
今回も「へぇ~」と思わされました。

この番組ホント続けてもらいたいんですけどねぇ。
「次回へ続く」って言ってるので続いてくれることを願います!


テーマ : Wii(ウィー)総合
ジャンル : ゲーム

tag : Wii Wiiの間

“Wiiの間”が4月30日をもってサービス終了

wiiの間ホームページより。
http://www.wiinoma.co.jp/information/

あちゃ~…まさかWiiの間が終了してしまうとは。

任天堂は次世代機のWiiU(ウィーユー)が開発中であるという事ですから現在のWiiのコンテンツもこれに合わせて終了していくのでしょうか?

自分は残念ながらゲームはWiiよりもプレイステーション3(PS3)を使う事が多いのですが、以前の記事でも書いた「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」や、超傑作RPGの「ゼノブレイド」など数々の良作ゲームを生み出した名機です。
もちろんゲーム以外にも楽しい要素があって、中でも「Wiiの間」は時々利用していただけに、今回のお知らせは残念です。

利用したといってもほとんどが無料コンテンツの閲覧なのですが、中でも「トンデモさいえんす」は毎回楽しみにしていました(正直Wiiの間のこの番組だけが大好きでWiiの間はこの番組の為だけに見ていました(^_^;))。
最近次の回がなかなか出てこないな~と思っていたら…こういう事だったんですね。大変残念です…。

次世代機では同じサービスが始まるのでしょうか?
ぶっちゃけWiiじゃなくてもいいので“トンデモさいえんす”だけどっかで放映してくれないでしょうかね…。

そういえば明日(2月22)の20時から任天堂のHPで任天堂プラットフォームで発売される新情報の発表(http://www.nintendo.co.jp/n10/nintendo_direct/index.html)があるそうですね。
次世代機についての話題もあるのでしょうか?
それよかトンデモさいえんす早く!


テーマ : Wii(ウィー)総合
ジャンル : ゲーム

tag : Wii Wiiの間サービス終了

ゼルダの伝説 スカイウォードソード 面白かった!

ゼルダの伝説 スカイウォードソード、ようやくクリアしました!
自分は早解きやクリアが目的ではないのですごくのんびりプレイしたので時間がかかってしまいました(^_^;)
とりあえずプレイした感想としては「大変満足」です。
久々に夢中になるゲームで、充実感で一杯です!
というわけで一通りの感想を。

まず物語のシナリオは(無理矢理なところもありましたが)わかりやすくて良かったですし、ゲームの進行もスムーズでした。
ゼルダシリーズ初めてという人にもわかりやすいし、シリーズファンにとっては親しみのある名称やおなじみのキャラクターやシステム、ミニゲーム等が無理なく存在しているので嬉しい所です。
またゲームの進行を保存できる「セーブポイント」があちこちに点在し、はじめは「少々多すぎるかな?」とも感じましたが、色々忙しい時は逆にこまめにセーブができて助かりました。
そしてゼルダといえば謎解きですが、サポート・ヒント機能が充実していて「詰む」ということはありませんでした。
どうしても解けないと思ってもよく注意して辺りを見回したりヒントを聞いていれば「ああなるほど!」と。

次に操作の面。
Wiiはゲームの操作自体が他のゲーム機のようにコントローラーで操作するのではなくWiiリモコンを傾けたり降ったりといった操作をするので直感的にプレイできます。
微妙な動きにも反応するのでゲーム中の画面で手に持つ剣も一緒に動き、斬りつける方向を特別な操作なく自由に変えられるのはWiiリモコンならではの操作です。
しかしその反面機械的に正確な操作は難しく、単純に移動だけというのであればリモコンを振るよりもスティックやキーで入力した方が圧倒的に正確で楽です。
今作は基本的にはリモコンでの操作は剣で斬る方向や特定のシーンでの操作に限られ、移動に関してはヌンチャクのスティックで操作という所がとても良かったです。
また質問に対する選択肢などもリモコン・スティックのどちらでも入力が可能というのは良かったですね。
なので操作に関しても満足です(多少融通のきかない部分もありますが)。

あと一番印象に残った所として砂漠のエリアで部分的に過去の空間ができて、それをうまく使いながら攻略していくシーンです。
現在は砂漠になってしまったエリアで、とあるしかけを作動させるとその周辺だけ過去の緑豊かな空間ができるというもの。
歩けなかった所が歩けるようになったりとなかなか面白いアイデアですが、何よりくっきりと境界線からの右と左で全く違う見た目がとてもインパクトがあって凄かったです。
他にもたくさんあったんですけどね(^_^;)
長くなるのでこのくらいにしますが、歴代ゼルダシリーズを一通りプレイしてきましたが、今作もちゃんと“ゼルダらしさ”がしっかり表現された作品だと感じました。
独特の世界観。謎解きの面白さ。シナリオ・システム・操作性。
ブランドをしっかり守りつつ新しい要素も盛り込んだ傑作だったと思います!

ちなみにクリアした後、難易度の高いモードでもう一度最初からプレイできるようになるのですが…
自分は今のモードでもいっぱいいっぱいだったのでちょっと遠慮します(^_^;)

ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱)ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱)
Nintendo Wii

任天堂
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : ゼルダの伝説 スカイウォードソード

プロフィール

Tsuyokichi7

Tsuyokichi7
はじめたばかりです。


よかったらこちら↑の
クリックもお願いします。
おすすめ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Mac用アイテム


サンワサプライ液晶保護光沢フィルム(Apple MacBook Pro Retina Displayモデル用)(LCD-MBR15KF)




上海問屋DN-13085 Mac Air/Pro 13インチ対応 マグネット式 プライバシーフィルター【P1】




エレコムMac向けHDMIケーブル/2.0m/ホワイト(CAC-APHD14E20WH)【P1】
広告
 
PR
検索フォーム
最新記事
おいしいお菓子
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR